かぎ編みで雑貨を作るひとhime*himaのブログ

編んでみるとちょっとだけしあわせになるかもしれない編み図を描いてます。

細編みで楕円形を作るときは



編み図をご利用の前に必ずお読みください。よろしくお願いいたします。
↓↓↓
http://himehima.hatenablog.com/entry/attention
[編み図をご利用いただくときに守っていただきたいこと]

こんにちは。

先日紹介したDMCナチュラで編み始めました~♪

  

f:id:himehima:20170729204759j:plain

color No.85(山吹色)

ポーチのオーダーが入ったので、楕円形に編んでいます!

私の楕円形の編み図って、どんな感じになってるかというと…

これ↓ 

f:id:himehima:20170729204824j:plain

上の写真のは、こんな感じの編み図から編んでいます。
って、改めて紹介しないでも、だいたい楕円形の編み図なんて知っていますよね~(^^;;

でも、楕円形ってちょっと難しくないですか?
細編みで丸く編んでいくときは、1模様1目ずつ増目していくと、均等に丸く広がっていくので、手が覚えてしまえば、そんなに考えることもなくなると思うのだけど…
 
詳しくはここを読んでみてくださいね。

himehima.hatenablog.com

細編みで楕円形を作るときは、なかなかそう簡単にはいきそうにないですよね。

1模様1目ずつ増やして大きくしていくっていうのが通例なのに…そもそもその1模様がわからない…

だから、
結構編み図見ないと編めない…とか…ってないですか?

私がこうやって、楕円形を編み始めるときは、もちろん、他所様の編み図は見るコトは出来ないので…
(丸とか楕円形とかもうほぼ基本形から外れないので、他所様とそこまで違いは出ないけど…)
ちょっとしたルールに従って編むようにしていますヨ。
 

楕円形も編み図なんて見ないで編めるようになりたい~
と、いうそこのあなた!


その秘策を披露します!
↓↓

f:id:himehima:20170729204828j:plain

上の編み図にいろいろとしるしを入れました!

まず、作り目の鎖編みがこの楕円の中心になるので、作り目の目数は忘れないでくさいね。

鎖編みから上と下に赤字で囲ってあるところの細編みの↖︎Centerって書いてるところとは、楕円形の丸くなってる部分の中心になるところなのです。

段数が増えてもそこに続く細編みは、必ず中心を取るようにして、その中心の細編みから、増目が左右対称になるように入れていきます。

こうすると、楕円形の丸くなってる部分は、わりと綺麗な形になってきますよ。

増目の場所は、2段目まではなるべく多めに…3段目以降は、細編みを1~3つ飛ばしながら増目をしていくといいかもしれません。(編む物によって多少増目の数は変わります)

とりあえず、どのように増目を入れても大丈夫ですが、左右は必ず対称になるようにしてくださいね。

そして、左右にそれぞれ、上と下に赤〇で囲ってる細編みがありますが、その間の目数は、作り目の鎖編みの数と同じにすることで、楕円形の側面が真っ直ぐになって綺麗な形が保てます。(編み図に青字で但し書してるところです)

なので、段が増えてきても、この赤字の間だけは、目数を変えないように気をつけて編むといいかもしれません。

ここを抑えておくと、たぶん、失敗はないかなぁーと、思います!

ちなみに…

楕円形は、作り目の数が多いと長細い楕円形に、作り目の数が少ないと丸っこい楕円形になりますよ♪

試してみてくださいね。

 

これならできる!みんなの教科書 かぎ針編み きほんの基本 (高橋書店の手芸のきほんシリーズ)

これならできる!みんなの教科書 かぎ針編み きほんの基本 (高橋書店の手芸のきほんシリーズ)