かぎ編みで雑貨を作るひとhime*himaのブログ

編んでみるとちょっとだけしあわせになるかもしれない編み図を描いてます。

フリルのコースター



編み図をご利用の前に必ずお読みください。よろしくお願いいたします。
↓↓↓
http://himehima.hatenablog.com/entry/attention
[編み図をご利用いただくときに守っていただきたいこと]

こんにちは。

先日、インスタに編んでいる途中を紹介していたドイリーが完成しました♪
これです↓

https://www.instagram.com/p/BX91H4gjJf7/

連日ポストしてた#100ドイリー 55枚目のドイリーにはたくさんいいねやコメントありがとうございました!みなさんのいいねやコメントが編み図を描く励みになっていますが、小まめに返信などできずごめんなさい。それでもこれからもよろしくお願いします(*´꒳`*)今日のドイリーは…まだ途中でして…これからまた、ふち編みをして完成させていきます。このドイリーは、超かんたんなふち編みで仕上げます(^^;;#かぎ編み #ドイリー #しあわせあみもの #糸と針でつくるアート #crochet #crochetdoily #crochetart #doily #art #artwork #artist #コースター #あみもの #himehima #crochetdiagram #かぎ針編み #pattern #ダルマレース糸 #ダルマレース糸葵 #横田株式会社

フリルのコースター

f:id:himehima:20170821102050j:image

ノーアイロンで仕上がるコースターなんですよ。コップを置くと廻りがヒラヒラします。

これもかなり前に考えたもので…2009年8月ごろかな?もう8年前!!古い!!…けど、ヒラヒラした部分が結構お気に入りだったんですよ。

 

それで、今回は、ダルマレース糸「葵」を使って2枚編んでいます。

ダルマレース糸「葵」のラベルには、「参考使用針レース針2号~4号」って書いてあるんですけど、その2号~4号で完成にどれくらいの違いがでるのか試し編みしてみました。

2豪レース針と4号レース針のドイリー

f:id:himehima:20170821102128j:image

どちらが2号で、どちらが4号かわかりますか??



そう!左のピンクが2号レース針で、右のグリーンが4号です!

f:id:himehima:20170821102059j:plain

若干、グリーンの方が小さいかな?という仕上がりですが、編んでいる最中は、針が小さくなったから編みにくいとか、目が締まっているとか全然思わなくて、むしろあんまり変わらないなと思いながら編んでいました。

針の選び方

編み手がゆるかったり、きつかったりを、その”参考指定針”で調整するといいと思うですが、ドイリーはそのサイズに絶対合わせないといけないっていうことがないと思うので(ウェアとかだとちゃんとサイズ合わせないといけないですけど)、手がきついから絶対こっちの針じゃないと…とかは、考えなくても大丈夫かなと思います。

私は、どの糸でもほとんど、その糸を初めて使うときは、”参考指定針”で表示してある大きい方の針で編みます。なんとなく…ですけど、ゆるく編む方が好きなんですよね。

まず、それで編んでみて、編み目が揃ってない気がする…と思うドイリーは1つ号数を下げたり…ドイリーの模様によっても目の揃い方が違って見えたりするので、編み直したりしながら使う針と糸を調整しています。

でも、”参考指定針”はその糸を編むのに一番編みやすい針ということでもあるので、その範囲での調整ですけどね。

いろいろと針と糸の関係を試してみるのも楽しいかもしれません。

針の号数とサイズ

針の号数は、針の太さで違っていて、レース針だと0号2号4号…と号数が大きくなるにつれて、針の太さ(細さ?)は1.75㎜・1.50㎜・1.25㎜と小さくなります。かぎ針は、号数が大きくなると針も大きくなりますよ。
2/0号かぎ針は2.0㎜くらいの太さなので、もし0号レース針できつい編み地になったら、2/0号かぎ針で試してみるといいかもしれません。

合わせて読みたい

 それぞれの編み目の高さと立ち上がり目のついて書いています。 

himehima.hatenablog.com

 

こちらの本も参考になります

基礎BOOK  かぎ針あみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOK―ゴールデンシリーズ)

基礎BOOK かぎ針あみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOK―ゴールデンシリーズ)

 
基礎BOOK  レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)

基礎BOOK  レースあみ (日本ヴォーグ社の基礎BOOKゴールデンシリーズ)

 

 

※ここに書いている針と糸の関係は、あくまで私の見解です。ほかの方の考えや基本とは異なるかもしれません。ご了承ください。